若い女性
公開履歴

世界中で多くの女性が利用している避妊法が低用量ピルです。
コンドームなどの避妊法は男性の同意が必要ですが、ピルの場合は女性が自分の意思で避妊することができるので、人生設計をする上でも欠かせないものとなっています。
日本でピルを避妊のために利用される方はまだまだ多くありませんが、現在98%を超えるピルの避妊成功率の高さが知られるようになり徐々に利用者が増えています。
また低用量ピルのお勧めは人によって合う合わないがありますが、初めて使うのであれば副作用の少ないものを選ぶと良いでしょう。
もしくはピルは婦人科などのクリニックを受診して処方してもらうこともできますので利用するのも良いでしょう。

21錠タイプと28錠タイプがあり、飲み方が若干ちがいますが同じ効果を得ることができます。
ピルを飲み始めてから気になるのがいつから避妊効果が発揮されるかということです。
まだ避妊効果が得られる前に射精されてしまったらせっかくのピルの効果もなくなってしまいます。
低用量ピルは飲み始めてから8日後以降から確実な避妊効果を得ることができます。
コンドームなしの性交渉をするのであれば飲み始めてから8日後以降にするのが良いでしょう。
2シート目以降は1日目から効果を得ることができます。

ただしピルは飲み始めてから正しい利用が必要です。
飲み忘れがあったり途中で服用をやめてしまってはしっかりとした避妊効果を期待することができません。
21錠タイプも28錠タイプも欠かすことなくしっかり飲み続け、適切な服用を心がけることが大切です。
避妊効果が高い低用量ピルですが残念ながら性病から守る効果はありません。
避妊すると同時にさまざまな性病から身を守るためには、コンドームの併用も行うのが良いでしょう。
特に不特定多数のパートナーとの性交渉をする場合には体を守るために低用量ピルとコンドームの併用が欠かせないものとなってきます。