• ホーム
  • 低用量ピル服用で不妊治療と便秘

低用量ピル服用で不妊治療と便秘

2019年09月08日
悩んでいる女性

ピルといえば、すぐに「避妊薬」をイメージする方が、多いのではないでしょうか。
確かにピルは排卵をストップさせ、避妊の効果を発揮する薬です。
しかし、避妊だけでなく女性に起こる、様々な病気や不快な症状を、改善する薬でもあるのです。

たとえば不妊治療目的に、低用量ピルを処方するクリニックも少なくありません。
ピルには高用量・中用量・低用量とあり低用量ピルは、副作用が起こり難いと言われています。

ピルを服用する事によって、生理周期をコントロールする効果が期待できます。
月経不順だと、いつ排卵するかなどが自分で把握しにくい為、妊娠しにくくなってしまいますが、ピルを服用する事で生理周期をコントロールし、排卵の時期などを見極める事が可能です。

また、直接不妊の原因となる、子宮内膜症の治療にもピルは有効です。
なかなか妊娠しないという方は、1度検査を受けてピルでの治療を検討してみましょう。

ただ、低用量ピルを服用する事で、便秘になってしまうケースもあるようです。
ピルには黄体ホルモンと同じ作用をする、プロゲストーゲンという成分が含まれています。
黄体ホルモンは腸内の水分を、体に溜め込む性質があり、分泌が多いと便秘になりやすいと言われているのです。

ですので、ピルを飲み体の中に一定量、黄体ホルモンがある事によって、個人差はあるものの便秘になる方もいます。
便が硬くなっている為、この場合は水分を十分に取る、乳酸菌やオリゴ糖といった腸内環境を整えるケアがお勧めです。
また、便秘薬で治したい場合は、腸内に水分を溜める作用がある、マグネシウムを配合したものが有効です。

ピルとの飲み合わせが心配という場合は、医師や薬剤師に相談してから便秘薬は使いましょう。

関連記事
低用量ピル通販の最安値ショップはどこ? 2019年07月19日

近年低用量ピルが広まりつつあり以前のようなあまり良くないイメージは薄れつつあります。逆に低用量ピルには生理痛の軽減や生理前のイライラの軽減などメリットが多数あることが知られるようになり女性のさまざまな悩みに対応できる一面も見せています。しかしいざ病院に行き処方を受けるには勇気がいるものです。妊娠を経

2019年07月19日
低用量ピル服用とビタミンC服用で子宮頸癌予防 2019年11月11日

ノーベル賞を2度受賞した事で知られるライナス・ポーリング博士が提唱した高濃度ビタミンC療法は、ビタミンCを1日数十g摂取する事により風邪予防やがん予防の効果があるとされています。アメリカの国立衛生研究所や国立ガンセンター、食品医薬品局もビタミンCが選択的にガン細胞を殺すと発表しています。ビタミンCの

2019年11月11日
低用量ピルを長期服用するには健康食品も摂る 2019年10月11日

保健体育の授業では様々な避妊法が教師によって紹介されます。メジャーなコンドームによる避妊法は男性向けに紹介され、女子向けには基礎体温グラフを基にした避妊法が伝えられます。どちらとも有益な方法ですが、基礎体温に基づくやり方は完璧とは言えず、それだけでは失敗するリスクも高いです。特にホルモンバランスが乱

2019年10月11日
低用量ピル服用で不妊治療と便秘 2019年09月08日

ピルといえば、すぐに「避妊薬」をイメージする方が、多いのではないでしょうか。確かにピルは排卵をストップさせ、避妊の効果を発揮する薬です。しかし、避妊だけでなく女性に起こる、様々な病気や不快な症状を、改善する薬でもあるのです。たとえば不妊治療目的に、低用量ピルを処方するクリニックも少なくありません。ピ

2019年09月08日
低用量ピルの種類 2019年08月20日

低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプの2種類あります。体への影響に違いはありません。何が違うかというと、プラセボ(偽薬)の有無です。21錠タイプはすべてにホルモンが含まれていますが、28錠タイプはホルモン剤21錠+プラセボ7錠です。プラセボが入っている理由は、飲み忘れを防ぐためです。低用量ピル

2019年08月20日